最略発遣・開眼作法

年末に、自坊のすす払いに先立ち発遣し、大掃除が終わった後、修正会の前に開眼するとの想定で組み立てております。目的に応じて表白を代えて頂ければ、仏壇を買い換える時の発遣や、ご位牌の開眼などに修する事が出来ると存じます。
発遣略作法
  先護身法
  次洒浄
  次加持
  次懺悔文
  次六根清浄太祓
  次發菩提心御真言
  次三昧戒御真言
  次表白

 敬ってこの尊像に白して言さく。夫れ仏子○○開眼供養してより以 来、三身万徳の妙用を具足して、利益衆生の巨益を施与し玉う。本日大晦日を迎え、尊像を清めんがために、暫らく法性の果位に送り奉り、重ねて勧請し奉らんと欲す。唯、願くは本尊本位に還着し玉え。

次華座(八葉印)
   想え・法性の本宮に華座を施くと
   ヲン・ア・ソワカ

次弾指
   掌を仰げて弾指七反
   ヲン・バサラ・モキシャ・モク

次法施
次真言
次後唄
次護身法

【解説】
洒浄と次に続く加持は洒水作法の事です。各自の伝により修して頂ければ結構です。發菩提心御真言は金剛合掌、三昧戒御真言は独鈷印を以って唱えます。そして神仏が示す阿字本不生である八葉印の本宮に、弾指と共にお帰り頂くと観想するのです。

開眼略作法
  先護身法
  次洒浄
  次加持
  次懺悔文
  次六根清浄太祓
  次發菩提心御真言
  次三昧戒御真言
  次表白

 敬ってこの尊像に白して言さく。尊像を清める間、本性の本宮に送り奉るといえども、いま茲に勧請して開眼供養を修し奉る。濁江の錦は洗うに随って色を増し、諸仏の体は感に随って益を施し玉う。仰ぎ願くは弟子が法施を納受して降臨影向し玉え。

次散杖作法
 独鈷と散杖を持って、尊像の額に種字を書き、それを包む様に散杖の先で右三転する。
 種字が金色の玉となり、尊像に入ると想え。
次大鉤召印明(内縛して右手の人差指で招く事、真言の度に三反)次仏眼印明 三反
 ヲン・ボダロ・シャ二・ソワカ

次法施
次真言
次後唄
次護身法

【解説】
作法の概要は作法中に示してある通りです。開眼は散杖作法に集約される事に尽きますが、その運心は念誦作法に極めて近いものがあります。